CALENDAR
<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
LIST
ARCHIVES
Search this site.
ブログ表示 | リスト表示
ランディング脳  Vol.119
●本日の言葉



彼女の名前はミセス・トンプソン。
新年度の最初の日、
受け持ちになった小学五年生の生徒達を前に、
彼女は一つ嘘をついてしまった。

よく他の先生もやるように、
子供たち全員を見渡しながらこう言ったのだ。
「先生はあなたたち皆のことが大好きよ」と。

でも、それはどう考えても嘘だった。

なぜなら教室の最前列に、テディ・スタッダードという名の
小柄な少年が、だらしない姿勢で座っていたからだ。
去年からテディを見ていたトンプソン先生は気づいていた。
彼が他の生徒たちと仲良く遊べないこと、
汚い服を着ていること、
そしていつも体がにおっていることに…。
おまけに、テディはなんだか気に障る生徒だった。
太い赤いサインペンで、
テディのテストの採点をすると胸がスカッとした。
解答用紙に大きなバツをつけ、
一番上に大きく「やり直し」と書くのが楽しみだったのだ。

学校から生徒の過去の記録を見るように言われたトンプソン先生は、
テディの記録を最後まで見ずに放っておいた。
でもとうとう彼のファイルを読み始めた途端、
驚いてしまった。

テディが一年生の時の担任が、こんな記録を残していたのだ。
「テディはよく笑う、明るい子供だ。
言われたことはきちんとやるし、
行儀もよい…そばにいるだけで楽しくなる子供だ」

二年生の時の担任は、こんなことを書いていた。
「テディは優秀な生徒だし、クラスメートにも好かれている。
だがお母さんが不治の病にかかってしまってから様子がおかしい。
おそらく家庭生活がうまくいってないのだろう」

三年生の時の担任は、こう書いていた。
「お母さんの死は、テディにとって辛すぎる出来事だった。
彼自身はがんばろうとしているが、
お父さんが息子にあまり関心を示さない。
あの家庭生活を何とかしないと、
じきにテディにも悪影響が出てしまうだろう」

四年生の時の担任は、こう書いていた。
「テディは引きこもってしまい、
学校生活にもほとんど興味を示さない。
友達も少なく、授業中に居眠りをすることもある」


トンプソン先生は、もう問題の深刻さに気づいていた。
そして自分自身を恥じる気持ちでいっぱいだった。
その年のクリスマスの日、
クラスの生徒達からプレゼントをもらった時は、
さらにいたたまれない気持ちになった。

プレゼントのほとんどは明るい色の包装紙にくるまれ、
美しいリボンがかかっている。
でもテディのプレゼントだけは重苦しい茶色の紙で、
不器用に包まれていたのだ。
おそらく、食料雑貨店の袋で何とか形を整えたのだろう。

トンプソン先生は他の生徒達の前で気を遣いながら
そのプレゼントを開けた。
案の定、何人かの生徒がくすくす笑い始めた。
中に入っていたのは、石がいくつか欠けた
ラインストーンのブレスレットと使いかけの香水のビンだった。
だがトンプソン先生はこう言った。
「なんてきれいなブレスレットでしょう!」
すると生徒達の笑いはおさまった。
さらに先生はブレスレットをはめ、
その手首に香水をそっと押し当てたのだ。

その日、テディ・スタッダートは放課後まで残り、
一言こう言った。
「トンプソン先生、今日はぼくのママと同じ匂いがするね」


その日生徒が帰宅したあと、
トンプソン先生は一時間以上泣き続けた。
そしてまさにその日を境に、
彼女はただ読み書きや算数を教えることをやめ、
子ども達に本当の「教育」を始めたのである。

トンプソン先生は、特にテディに注意を払うようにした。
共に学ぶにつれ、テディは少しずつ心を取り戻していくようだった。
先生から励まされるほど、
質問にもすばやく答えられるようになっていた。
そしてその年の年度末、
なんとテディはクラスの中でも一番成績のよいグループに
入ることが出来たのだ。

嘘がとうとう本当になった。
テディもトンプソン先生の
「大好きな生徒」の仲間入りを果たしたのである。


一年後、トンプソン先生は自宅のドアの下に、
一枚のメモが挟み込まれているのに気づいた。
それはテディからのメモだった。
そこにはこう書かれていた。
「先生は、ぼくのこれまでの人生の中で一番すばらしい先生です。
今でもそのことにかわりはありません」


それから六年後、
トンプソン先生は再びテディからのメモを見つけた。
そこにはこう書かれていた。
「僕はクラス三番の成績で高校を卒業することができました。
先生は僕のこれまでの人生の中で一番素晴らしい先生です。
今でもそのことに変わりはありません」


さらにそれから四年後、
トンプソン先生はテディから一通の手紙を受け取った。
そこにはこう書かれていた。
「くじけそうになったときもありましたが、
なんとか学校に通い続け、首席で大学を卒業することになりました。
先生は、僕のこれまでの人生の中で一番素晴らしく大好きな先生です。
今でもそのことに変わりはありません」

そして四年が過ぎ、
トンプソン先生はテディから再び手紙を受け取った。
そこにはこう書かれていた。
「学位取得後、さらに勉強を続けることにしました。
トンプソン先生は、わたしのこれまでの人生の中で
一番素晴らしく、大好きな先生です。
今でもそのことに変わりはありません」

でも今回の手紙には大きな変化があった。
テディの名前に、こんな新しい肩書きがついていたのだ。
「医学博士、セオドア(テディ)・スタッタードより」


物語はまだ終わりではない。
そう、その年の春、
先生のもとにテディから三通目の手紙が届いたのだ。
そこにはこう書かれていた。
「私はある女性と出会い、
結婚することになりました。
父も数年前に亡くなってしまったため、
もしできれば先生に私の母親の席に座っていただきたいのですが」


もちろんトンプソン先生はこの申し出をうけた。
しかも、あの石がいくつか欠けたブレスレットをはめ、
テディの亡き母親と同じ香水をつけて。


結婚式当日、ふたりは固く抱き合った。
スタッタード博士は、トンプソン先生にこう囁いた。
「先生、僕を信じてくれてありがとう。
自分は大切な存在だ、
違いを生み出せる人間なんだと気づかせてくれて、
本当にありがとう」


トンプソン先生は涙を浮かべながら、
こう囁き返した。
「テディそうじゃないわ。
あなたが私に違いを生み出せる人間だと気づかせてくれたの。
私はあなたに会ったからこそ、
本当の教育の意味を知ることができたのよ」




エリザベス・シランス・バラッド 
「テディからの三通の手紙」より


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





■■■■■■■■■■■■■■お知らせ■■■■■■■■■■■■■■ 




● 『おしゃれ』で『小ロット(500枚から)』、『リーズナブル』
ショップバックが手軽に作れる!!
ショップバックブランド『berry B』


「お店」や「イベント」、「入学案内」や「リクルートの説明会」など、
多くの場面で必要な“紙袋”“エコバック”。
それらをオリジナルで作るとなると、
最低ロットが「3000枚以上」、高品質にすると「高額」。
というのが常識でした。

そんな、悩みをドライブが独自の海外製造ルート開発によって
解決しました。

『高品質』『小ロット(500枚から)』、
『リーズナブル』でデザイン性の高い
ショップバックであなたのお店や会社を
『ブランディング』しませんか。

ホームページ
http://www.berry-b.jp/


● デザインサイトをリニューアルしました。

グラフィックデザインを中心に
ショップブランディングの事例を多数紹介しています。

ぜひ、一度ご覧下さい。

http://www.drive-inc.jp/



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆【芦谷正人のブログ】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


ブランディングデザイナー芦谷正人のブログです。
日常にあるブランディングのヒントを
ビジュアルを交えてお伝えしています。

http://blog.d-concierge.net/

また、読書オタクの僕がおすすめする
『ブランディングに役立つ一冊』を
毎週ご紹介させていただいています。
ぜひ、ご覧下さい。

http://d-concierge.net/book/index.html
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<ブランディング脳  Vol.120 | ブランディング脳  Vol.118 >>



 
DRIVE,inc All Right Reserved.