Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/floppy.jp-drive/web/drive_blog/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/2/floppy.jp-drive/web/drive_blog/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/2/floppy.jp-drive/web/drive_blog/class/View.php:25) in /home/users/2/floppy.jp-drive/web/drive_blog/class/View.php on line 81
DRIVE,Inc

CALENDAR
<< March 2024 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
LIST
ARCHIVES
Search this site.
ブログ表示 | リスト表示
ブランディング脳  Vol.128
●本日の言葉


洗濯機は道具として用いられるとともに、
幸福や権威等の要素としての役割を演じている。
後者こそは消費の固有の領域である。

ここでじゃ、他のあらゆる種類のモノが、
意味表示的要素としての洗濯機にとってかわることができる。

象徴の論理と同様に記号の論理においても、
モノはもはやはっきり規定された機能や欲求に
まったく結びついていない。
というのはまさしく、モノは社会的論理にせよ
欲望の論理にせよ、
まったく別のものに対応しているのであって、
それらに対しては、
モノは意味作用の無意識的で不安定な領域として
役だっているからである。


ジャン・ボードリアール フランス ポストモダンの代表的思想家


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「キャディラックのライバルは他の自動車ではなく、
ミンクの毛皮やダイヤモンドである」
というピーター・ドラッガーの言葉を以前も紹介しましたが、
現代人がモノに求めているのは
物質的な意味合いを大きく離れてきています。

それは、寂しさを満たす道具であったり。
自己顕示欲を満たす道具であったり。

物質としての機能を超えた「欲望」を満たす道具となっています。

あなたの商品をこのような視点で考えたときに
お客様の何を満たしているのでしょうか?

そのことを考える事に
売れるためのヒントが隠されているかも知れません。




■■■■■■■■■■■■■■お知らせ■■■■■■■■■■■■■■ 




● 『おしゃれ』で『小ロット(500枚から)』、『リーズナブル』
ショップバックが手軽に作れる!!
ショップバックブランド『berry B』


「お店」や「イベント」、「入学案内」や「リクルートの説明会」など、
多くの場面で必要な“紙袋”“エコバック”。
それらをオリジナルで作るとなると、
最低ロットが「3000枚以上」、高品質にすると「高額」。
というのが常識でした。

そんな、悩みをドライブが独自の海外製造ルート開発によって
解決しました。

『高品質』『小ロット(500枚から)』、
『リーズナブル』でデザイン性の高い
ショップバックであなたのお店や会社を
『ブランディング』しませんか。

ホームページ
http://www.berry-b.jp/


● デザインサイトをリニューアルしました。

グラフィックデザインを中心に
ショップブランディングの事例を多数紹介しています。

ぜひ、一度ご覧下さい。

http://www.drive-inc.jp/



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆【芦谷正人のブログ】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


ブランディングデザイナー芦谷正人のブログです。
日常にあるブランディングのヒントを
ビジュアルを交えてお伝えしています。

http://blog.d-concierge.net/

また、読書オタクの僕がおすすめする
『ブランディングに役立つ一冊』を
毎週ご紹介させていただいています。
ぜひ、ご覧下さい。

http://d-concierge.net/book/index.html
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<ブランディング脳  Vol.129 | ランディング脳  Vol.127 >>



 
DRIVE,inc All Right Reserved.